最新情報 製品情報 企業情報 求人情報 お問合せ カタログ請求 用語集

  
    射出成形機
    竪型ゴム用射出成形機
      VI-P(XJ)シリーズ
      VI-P(WJ2)シリーズ
      VI-P(SJ)シリーズ
      真空射出成形機
      低床式射出成形機
    横型ゴム用射出成形機
      F-Gシリーズ
      ミラブル、液状(LIM)
         シリコーンゴム用射出成形機
      熱硬化性用射出成形機
      BMC用射出成形機
    特殊成形機
      真空プレス
      ハイブリッドトランスファ成形機
      Cフレーム型射出成形機
      プラダ射出成形機
      小型ゴム用射出成形機
    試験機
      振動耐久試験機
 




[ ゴム用真空射出成形機 ]
竪型ゴム用真空射出成形機


 
VI-200V(S3)-40/70SPR2
型締力 KN(Ton) 1960(200)
射出容量 cm3 1500
全高 mm 4217
全幅 mm 1811
奥行 mm 3247
デーライト mm 600
ストローク mm 400
熱盤寸法 mm 650x650
作業高さ mm 897

金型周囲を真空にすることにより成形品のエアー不良を大幅に低減します。
※真空用の金型でなくとも真空成形を行うことができます。


作業高さが当社従来機と比較して101mm低く、897mmとなっています。
作業台の設置が不要で作業の安全性が優れています。


機械寸法を短縮することで工場内の限られたスペースで最大の生産性を実現します。


IPMモーターによる回転数制御ポンプと高性能断熱板を採用することで大幅な消費電力の削減に貢献します。
成形条件により効果は変わりますが、当社従来機と比較して約30%の低減が期待できます。


真空枠内の省スペース化によって真空到達時間が短縮され、成形サイクルを短縮します。


真空枠を上昇させると、竪型射出成形機と同様の完全なオープン状態となり、金型回りの配線配管などの作業性が大幅に向上しています。
また機械トラブルの要因となる恐れのあるゴムバリが堆積しにくく、清掃も容易です。